お急ぎの方はこちら 24時間365日受付中 0120-009-983

葬儀の備え

  1. ベルコTOP>
  2. お葬式>
  3. 葬儀の備え

葬儀には費用をはじめ、準備をしていたほうが自分や家族のためになることがたくさんあります。
葬儀の備えというと、なんだか縁起の悪いことのように感じて気が引けますが、準備をしていなかった為に費用や実際の葬儀で遺族に多大な苦労がかかってしまうことも少なくありません。
誰にでも必ずやってくる最期の時に、残された家族の苦労はできるだけ少なくしてあげたいものです。「失敗しない葬儀」のために、自分の葬儀の準備とは具体的にどんなことなのかをご案内します。 

葬儀の備えに必要なこと

どんな葬儀にしたいかイメージをする
自分の葬儀はどんな葬儀になるのか、イメージできますか?
葬儀に参列したことはあるものの、自分の葬儀について具体的に考えている人は少ないと思います。
「縁起が悪い」と考える人もいるでしょう。
そこで、ここでは具体的なポイントを絞って考えてみましょう。

誰に来てほしいか

呼ぶ人によって、お葬式の規模も費用も大きく変わってきます。まずは自分の葬儀に来てほしいと考える人たちをイメージしてみて下さい。同居の家族のみで葬儀を行いたいと考えている人は、人数の少ない「家族葬」に、友人や知人などにも参列してほしい場合は一般葬となり、参列する人数によって規模が大きく変わってきます。
但し、一つ気をつけたいのが、規模が小さければ時間も費用もかからないと考えてしまう点です。最近都心部では「家族葬」が増えてきていますが、家族のみで故人を送り出した結果、あとあと友人や知人が自宅まで焼香に訪れて、心身ともに遺族の負担になってしまったというケースも少なくありません。

密葬・家族葬の場合は、葬儀後の弔問客の対応で遺族に負担がかかる場合があります。密葬・家族葬の場合は、葬儀後の弔問客の対応で遺族に負担がかかる場合があります。
  • 火葬のみで良い
  • 密葬
  • 近親者のみ
  • 家族と親しい親族のみ
  • 家族葬
  • 10~30名程度
  • 家族・親族と知人、友人も呼びたい
  • 一般葬
  • 50~200名程度
  • 会社・団体で葬儀を行いたい
  • 社葬・団体葬
  • 200名~

宗教や菩提寺は決まっているか

信仰している宗教があれば、葬儀はその形式に乗っ取って行われることになります。日本では、葬儀の9割が仏式で行われていると言われますが、仏式の場合宗派によって内容が異なるため、自分の家の宗派と菩提寺があるかどうか、確認しておきましょう。
最近では形式にこだわらない無宗教葬も少しづつ増えてきましたので、どんな形式で宗教を行うかも考えておくと良いでしょう。

  • 仏式葬
  • 日本人の約9割が行っていると言われる仏教の葬儀。僧侶が読経する形で進めるが、宗派によって作法や儀礼などが異なる。
  • 神式葬
  • 神道式で行う葬儀を神葬祭といい、神社の神官が執り行う。
  • キリスト教式葬
  • 侶ではなく、教会の神父や牧師が執り行う。
    仏式と同じく「カトリック」「プロテスタント」の宗派によって儀式が異なる。
  • 無宗教葬
  • 仏式、神道式、キリスト教式などの特定の宗教にとらわれない自由なスタイルの葬儀
費用のことを考える

自分の葬儀にかかる費用とは

自分の葬儀の規模や、宗教が確認できると、大体の費用のイメージがつかめるでしょう。
もちろん一概には言えませんが、葬儀の種類による一般的な葬儀の費用は以下の通りです。

  • 密葬
  • 15~30万円程度
  • 家族葬
  • 50~100万円程度
  • 一般葬
  • 100~200万円程度
  • 社葬・団体葬
  • 300万円~程度

葬儀の大半は一般葬で行われていますが、自分の死後に100~200万円もの費用がかかるとなると、遺族には大きな負担になります。自分の葬儀費用に関しては、やはりなにがしかの準備をしておく方が安心です。

葬儀費用の準備方法

自分の葬儀の費用を準備するためには、どのような方法があるでしょうか。
互助会に加入しておくということも一つの手段です。必ず「葬儀」という目的がある場合、景気の変動にも強く権利が永久に保証される互助会はおススメです。
いずれにしても、葬儀の費用をどういった方法で準備しているかを家族に伝えておく必要があります。

  • 預貯金
  • 使用途が流動的な場合は適した方法。
    但し、低金利やインフレには弱く、金額の価値は保証されない。
  • 互助会に加入
  • 目的が「葬儀」で決まっている場合、一番適した方法。物価の変動に左右されなく、利用するまで権利は保証される。使用途が決まっていない場合は解約手数料がかかるリスクがある。
エンディングノートをつける
自分の葬儀を知らせてほしい人や、宗派、菩提寺などについて、記録を残しておくことができます。最近では市販のものも種類が増えていますし、ベルコでも、ホールに見学に来た際にご希望されたお客様にお配りしています。葬儀に関することだけでなく預貯金や保険のこと、自分の趣味のことまで書き記せるようになっているものもあり、突然のことで何から手を付けていいか分からない遺族にとっては、心強い参考書になるでしょう。もちろん、ノートに必要なことを項目ごとに書き記すだけでも十分です。

エンディングノートに記載する内容の一例

葬儀に関すること

自分の死去を知らせてほしい人のリストと連絡先

葬儀の内容に希望があれば記録。
家族葬が良い、自分の好きだった音楽を流してほしい…など。

費用が準備してあれば、通帳や会員証などの保存先

宗教、宗派、あれば菩提寺。無宗教葬などを希望する場合はその旨を記録する

遺影に使ってほしい写真

お墓
遺骨を埋葬するお墓、場所、連絡先
預金や保険
通帳や証書、株券の種類と保存先を記載。
現金以外の財産
絵画や骨とう品など、価値の高いものを記録
自分のこと
自分の好きだった音楽、食べ物、大事にしている品、趣味、思い出に残った旅行など、自分のことを自分の言葉で記録する。
葬儀場を見学する
「生前見積」で、自分の葬儀の費用を実際に見積もってもらうことも可能です。そうすると、漠然としていた葬儀の内容が具体的になり、思ったより費用がかかる、かからないなどの判断材料もできるため、家族にとっても安心です。
ベルコのホールでも随時見学会を実施していますので、是非近隣のホールの見学会に足を運んでみてください。

無料見学会で確認するポイント

施設
ホールの数や広さ。希望にあう会場などを確認
設備・道具
祭壇や棺などの道具の実物と、値段の確認
アクセス
駅からの交通手段や駐車場の広さ
スタッフ
ホールスタッフの対応や雰囲気など
宿泊設備など
宿泊できる設備はあるか、提携の施設はあるか
生前見積り
生前見積りが可能な場合は、是非依頼を
葬儀場を検索する
支社番号を見る支社番号を見る